柑橘(かんきつ)類、との組み合わせによる効能


【みかん】+[アスパラガス]、[蕪(かぶ)]、[もやし]、[じゃがいも]

→胃腸を丈夫にする、風邪予防、便秘解消

【みかん】+[ブロッコリー]、[ちんげん菜]、[椎茸]、[苺]

→癌予防、肥満予防、風邪予防

【グレープフルーツ】+[ブロッコリー]、[トマト]、[茄子(なす)]、[烏賊(いか)]

→美肌効果、癌予防、目を強くする

【レモン】+[葱(ねぎ)]、[大蒜(にんにく)]、[韮(にら)]

→疲労回復、癌予防、強精、強壮

カロテンよりも抗酸化作用が強いβクリプトキサンチンを含む。

薄皮にビタミンPが含まれ、毛細血管の強化、動脈硬化予防に良い。

ビタミンP(ヘスペリジン)は、カルシウムの結合促進をするといわれる。

果皮にも有効成分がたくさん入ってます。

果皮は少量の洗剤でスポンジを使うと汚れが簡単に落とせます。

洗剤はなるべく、合成洗剤ではなく自然なものを使いましょう。

果皮には、アロマセラピーで使用する、精油(エッセンシャルオイル)が含まれているので、

果皮を食べると、下痢、便秘、消化不良、腸内ガス、胃痛、食欲不振などの効果が得られるでしょう。

皮付きのまま、みかんを食べる方法があります。

消毒した、ビンに、皮と果実をミキサーに入れてペースト状にするか、細切りにして細かくします。

それをビンに入れ、砂糖をみかんの同量か2倍量いれます。

よくかき混ぜたら、ふたをして、5日~7日常温で置いておきます。

すると発酵して泡がたってきて、アルコールのにおいがしてきたら完成です。

これは「酵素ジュース」と言われるものです。

なるべく旬の果物を使ってください。

砂糖は、白砂糖、三温糖等以外の栄養のある黒砂糖、甜菜(てんさい)糖などをおすすめします。

みかんと一緒に柿も細かくしていれると、さらに美味しくなります。


食べ合わせの本一覧
https://amzn.to/2ZnyEKj