大根との組み合わせによる効能


【大根】+[牛蒡]、[茄子(なす)]、[人参]、[蜆(しじみ)]

→糖尿病予防、貧血予防、癌予防

【大根】+[小豆]、[アロエ]、[蜂蜜]、[みかん]

→咳(せき)、喉(のど)の痛みの緩和、美肌作り、健脳効果

【大根】+[バナナ]、[冬瓜(とうがん)]、[牛乳]、[林檎(りんご)]

→胃潰瘍予防、十二指腸潰瘍予防

【大根】+[ほうれん草]、[南瓜(かぼちゃ)]、[鶏肉]、[帆立(ほたて)]

→胃、大腸癌予防、強肝作用

【保存方法】

1cmぐらいの厚さに切り、固めに茹(ゆ)でる。

冷やして水気を切り冷凍。

すりおろしてから冷凍でもOK。

【旬の時期】

秋冬大根:11月~3月

夏大根:7月~8月

【新鮮なもの】

首が黒く変色してるものや、ひびが入っているものには

『す』が入っている可能性があるので、このようなものは避ける事。

不良品のようなもの。

ひげ根のあとが小さく、重いものがよい。

葉にはカロテン、ビタミンC、カリウム、食物繊維など豊富。

春の七草の一つ、蘿蔔(すずしろ)の事である。

冬と春は寒暖の差が大きいので、体はミネラルを多く使います。なので、この温度差による影響に備えるために冬に、春の七草を食べる習慣がついたのです。

ミネラルが不足すると病気を発症しやすくなるのです。

ミネラルが不足してから、食べるのでは手遅れです。

早い時期から摂取しておく必要があり、寒暖の差に体がついていけなくなってしまうのです。

根の部分には、ジアスターゼ、カタラーゼ、オキシターゼなどの消化酵素やビタミンCが豊富です。

しかし、この酵素は熱に弱いので、生のままが良いです。

自然の甘みを味わいたいなら、煮物などがおすすめです。

【消化酵素の働きと解毒効果】

大根に含まれる消化酵素には胃腸の働きを整えます。

焼き魚の焦(こ)げた部分に含まれる発癌性物質の解毒作用もあります。

肉類と合わせると大腸癌予防にもなります。

これらは、生の大根による働きです。すりおろし大根がおすすめです。

野菜 食べ合わせの本一覧
https://amzn.to/3gQxQDs