じゃがいも、との組合せによる効能


【じゃがいも】+[キウイ]か[きゅうり]、[緑茶]、[マヨネーズ]

→癌(がん)予防、高血圧予防、老化防止

【じゃがいも】+[白菜]、[桃]、[バナナ]、[蜂蜜]

→肥満防止、胃潰瘍予防、十二指腸潰瘍予防

【じゃがいも】+[レモン]、[苺(いちご)]、[ほうれん草]、[ブロッコリー]

→ストレスの緩和、便秘予防、癌予防

【じゃがいも】+[酢]、[鶏肉]、[鰹(かつお)]、[牡蠣(かき)]

→体力増進、スタミナ回復、疲労回復
 

【保存方法】

新聞紙で包んで冷蔵。暖かいと芽が出やすい。

【有毒物質】

じゃがいもから出でくる紫色や緑色の芽には、ソラニンという有毒物質。

また緑色に変色した部分も必ず除去する事。

【抗酸化作用、美肌効果】

ビタミンCを含む果物や野菜と一緒に摂取すると、より効能が高まる。

できるだけ、じゃがいもの皮も食べましょう。

【芽の発芽を抑える方法】

リンゴと一緒に袋などに入れて冷蔵保存する。

これは、リンゴのエチレンガスによるもの。

エチレンガスは、果実の熟成を進めるが、じゃがいもの芽の発芽を抑える働きもある。

【旬の時期】

九州産:2月~3月

静岡産:5月~6月

関東産:6月~7月

北海道産:9月以降~

【新鮮なもの】

凹凸(おうとつ)が少なく、なめらかな形のもの。